2007年06月19日

せんせーコン

昨日、某地味トレーナー大ファンのお姉さんからメールが来た。

「私の弟分にあたる子がゴンちゃんのブログのファンでどうしてもボディコンバットを一緒したいって。
私も行きたいし、明日、福岡で3人一緒に受けよう。」

てなことで、
いつも月曜日は仕事・会議があってボディコンバットはお休みにしてるんだけど、せっかくなので、
「りょーかい。楽しみにしてます(^^)b」
と返信した。

で、
今日はM教官コンならぬMせんせーコンに参加。

さっそく、
男性ロッカーにつくと、
見慣れぬ、イントラ並みのナイスバディをした
レスミルズウェアを着た若者がいる・・・


まさか・・・(゚Д゚;)ゴクリ

・・・



キタ−−−( ̄∀ ̄;)−−−!!!

弟分くん。

なにやら体脂肪は5%だとか。
すげぇぇぇ

大丈夫やろか?( ̄皿 ̄;)

「ゴンさんってこんなもん?」
って思われたら、どうしよ?

レッスン後、
弟分くんが



『兄貴』となっちゃったらどないしよか?

微妙にプレッシャーがよぎる。


そして、
スタジオ開場。

某お姉さんが私の隣に。

そしてボソッと
「高速代2,300円もかかってんだからね。ちゃんと技見せてよ。」
「今日は弟と2人で『ゴンちゃんガン見ツアー』なんだから。」

( ̄□ ̄A アセアセ
( ̄□ ̄A アセアセ
( ̄□ ̄A アセアセ

あのぉぉぉ〜

わたし、
「最近、体調が悪くて、咳がヒドイもんだから気管支拡張剤のんでて、スタミナ全くないし、今日、仕事がハードで会議が21:00まであって・・・」

・・・

・・・

・・・

てか、





m(_ _;)m


先にゴメンナサイしとく。


で、
レッスン開始となったんだけど、

眠くなってきたので(次回につづく)
posted by ゴンちゃん at 01:55| Comment(4) | ボディコンバット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

初のキンコン

最近はもっぱら火・木の週2サイクルで
ボディコンバットをしてるけど、
昨日、めずらしく金曜にボディコンバットをした。

久々の教官BC60分レッスン。

というか、

教官のBC60分レッスンは初めて。
初の金コン&筋コン。


レッスンは

BC24-1〜3
BC28-4
BC26-5
BC31-6


7曲目ムエタイ
BC28-7 Fight

前回の火曜日、
教官からの煽りに応じなかったせいか、

今回は「クギを刺す」がごとく
私をガン見して


6回(声大きめ)ジャンプニーで飛んでください。

・・・オプションですけど(声小さめ)」

と曲前の説明。

そこまで、言っていただけるならやりますよん♪

ジャンプニー×6( ̄皿 ̄)


が、


教官、
最後のキュー間違えてフェードアウト・・・


ま、ご愛嬌で(^^;)


そして、
教官コンでの初の筋コン。

教官が「指立て伏せ」を披露。


ならば
私も追随( ̄皿 ̄)


すると、
教官
私の方を見て( ̄ー ̄)ニヤリ


3本指に変更。


ならば、
私も・・・

・・・

・・・

・・・

やめとこ( ̄^ ̄;)

グキッといきそうやった。
posted by ゴンちゃん at 22:55| Comment(2) | ボディコンバット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

大阪コンいてもうた

さて、前回の続きで
大阪でのボディコンバット。

2日間で3店舗60分クラスを3回受けました。

普段、
45分クラスを週2回程度なので、
久々に濃密なボディコンバットでした。

本来の目的(勉強講習会)を忘れそうになるほど。
(ちなみに休日利用・私費の旅行ですので誤解なく(^^;))


1店舗目

曲はオールBC25。
レスミルズウェアを着た方は2、3人。
オトナしい店舗

と、
思いきや

2曲目から
前列の方はオール声出し。。。

途中、

「うりゃ」

声出し
というか
『吠え出し』というべきか?^^;

前と後ろの空気が違うような・・・

それでも、それはそれで
福岡ではきっと出来ないであろう体験ができて良かったです。


2店舗目

この店舗、
営業時間が9時〜29時



29時って・・・( ̄皿 ̄;)



レッスン開始は
真夜中。

参加者はさぞ少ないかと思いきや、

受付でボディコンバットのことを聞くと
「お早めに並ばれた方がよろしいかと^^;」
との返答。

んん?
こんな時間なのに・・・

が、

ちょっと期待は膨らむ。

参加者は

期待どおりレスミルズウェア多し。

曲もイベントチック

BC14-1 Wild Boys
BC19-2 Never Surrender
BC14-3 Spiderman
BC13-5 Funky Town
BC14-5 Big In Japan
BC15-6 Devoted (O Sole Mio)
BC22-7 The 6th Gate
BC10-8 If Ya Getting Down

こちらの店舗も2曲目から声出しフル稼働

いやぁ〜楽しかったです。

さて、
3店舗目

盛り上がりの目安となる
レスミルズウェアを着た人は・・・いない

声出しする人も・・・いない

が、

イントラさんは『DOGI』を着て
やってくれる方でした

選曲もナイス。

BC22-1 If I Were You
心地よいウォームアップ
BC10-3 Get Ready For This
おぉ〜久々
この曲大好き。
BC10-8 If Ya Getting Down
前奏でジャンプするタイミング間違えた。
(昨日は出来たのに( ̄m ̄)チェッ)
昨日のラストパワーの影響か、
3曲目なのに力いれすぎた。
スタミナかなり浪費。
BC23-4 Take A Break
思わず教官の
「あ゛ぁ〜」のキメがよぎる。
BC29-3 Fly Away
思わず某師匠の
「Look to my eyes」の横流しがよぎる。
BC31-6 U + Ur Hand
心地よいリカバリー
BC22-7 The 6th Gate
昨日はイントラさんのGOサインがなかったので抑えましたが、今回はイントラさんから
「ジャンプニー」
のキュー。
存分に飛ばしてもらいました(^^
BC8-4 Baby I'm On Fire
文句なし!

楽しい3コンでした。
posted by ゴンちゃん at 02:34| Comment(7) | ボディコンバット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

大阪きてもうた

出張ではないんだけど、
仕事関係で興味のある講習会があったので大阪に来ました。

で、

せっかく来たんだから、

大阪観光を・・・

するわけもなく、
(単身で来てるし)


せっかく来たんだから、

浪速ボディコンバット

ってことで、
某店舗にオジャマしてきました。


受付嬢
「本日、こちらは初めてですか?」


「ええ」

受付嬢
「では、ご説明させていただきます。
まず、ロッカーはあちらでして、



ほんでな

ん?関西弁にチェンジ? ( ̄△ ̄)

受付嬢
「そこのラセン階段を降りたとこが、
お風呂。
で、
ロッカーのつき当たりを真っ直ぐ行ったら、
マシンとかスタジオですわ。」

やっぱ・・・( ̄△ ̄;)

受付嬢
「あと、
ここの入り口は


使わんといてな。」


・・・

・・・

タメじゃん( ̄皿 ̄;)


最初の丁寧さは、いずこへ〜ぇ
posted by ゴンちゃん at 01:40| Comment(6) | ボディコンバット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

久々の「鬼」炸裂

今日のボディコンバット。

久々に笑顔の鬼教官らしさがでた。

BC30-1 Apache Rocks The Bottom/Somebody Told Me
1個前の曲なんだんけど
びみょうに懐かしかったりして。

BC30-2 We’re Not Gonna Take It
左斜めに移動する時、
隣の某姉様が逆の動きでワタシに擦り寄る・・・(・∀・*)
いくらワタシが魅力的だからといって
2回も擦り寄ってこなくても・・・(・∀・;)

BC30-3 Shooting Star

BC23-4 Take A Break
教官の定番となったキメ技。

左ショウテイをオデコにあて、
頭を後ろに倒し、

「あ゛ぁぁぁ〜・・・」

皆におそろしく浸透してる。

BC23-7 Hardcore Paradise

ここで「しごき」が爆裂した。


一発目
「腕が伸びてませんよ。」
(ここは私の中ではリカバリーなんですけど・・・)

二発目
「膝が上がってませんよ。」
(だからここは私の中ではリカバリーだっちゅうに・・・)

三発目
「レベルフォーは2段ジャンプニー」

いつの間に習得したのやら・・・
Yさんに教わったのかな?・・・


わいも2段で追随じゃい( ̄皿 ̄)

ラスト
「ジャンプニー、ジャンプニー、ジャンプニー、ジャンプニー、ジャンプニー・・・」


あ、
あのぉぉぉ〜


煽り大歓迎なんですけど、






私に


ピンポイントすぎまっせ。



今日は、
普段このレッスンによく居られる方達が少なかったのもあるけど、


ほとんどワタシ、





生け贄( ̄皿 ̄;)


まあ、楽しかったんだけど。
posted by ゴンちゃん at 01:50| Comment(7) | ボディコンバット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

正式コリオ名は?

ボディコンバットのBC30からお目見えした
「Evasive side kick」

しかし、
イントラさんによって呼び方がまちまちです。
中には
リバーシブルサイドキックと完全に間違うイントラさんもいます。


正解は

「イバーシブサイドキック」

・・・
・・・
・・・

ではありません。

以前、英語に精通した某方が指摘されていましたが、
『イバーシブ』なんて言い方は英語圏では『絶対せん』とのことです。

某方からの引用

Evasiveはevadeの形容詞形で、evadeのような子音を挟んで eで終わる語では、挟んだ子音の前の母音は例外なくアルファベット読みをする。

つまり、
Evasiveの発音は[iveisiv]以外にありえない。
カタカナで表記するなら
せめて「イベイシブ」「イベーシブ」「イヴェイシブ」
ってとこです。

些細なことと思われる方もいるかもしれませんが、

もし、
side kickをシードキックと呼んだらどうでしょう?

shield kick?と勘違いされて、別物になっちゃいそうです。

ボディコンバット、ボディパンプをはじめとする
LesMillsプログラムは世界70ヶ国以上、1万以上の施設で導入されているプログラム。
コリオもある程度は世界で共有できる呼び名を願いたいものです。
posted by ゴンちゃん at 02:57| Comment(3) | ボディコンバット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

トレーニング名の疑問

私はボディコンバットだけでなく、
筋トレも好んでやってます。

ただ、
トレーニングの名前で
なんでこんな言葉を使うんだろう?

疑問に思うものがいくつかあります。

そこで
今回はそれらについて調べてみました。

まず、
私が一番わかんなかった言葉。

「ラットプルダウン」


私は学生の時から
研究でRat(ラット:ネズミ)をよく使います。

だから
この言葉は
ネズミが鉄棒にぶら下がって懸垂するイメージ
をずっともってました。

が、

ラットプルダウン
って
「Lat Pull-down」

RでなくてLなんですね。

で、
Latってどういう意味か調べたところ、

latissimus dorsi(広背筋)の略語。


なるほど、納得( ̄ω ̄)


それから
「デッドリフト」


ちなみに、
このトレーニングは
筋トレの中でも最も重い負荷が可能で、
フォームは見た目以上に難しく、
下手をすると腰を痛めますので、
メジャーな筋トレ種目ながら、
一般のフィットネスジムでは
それほどポピュラーではありません。

デッドリフト
英語になおすと
deadlift

まあ、
ここまでは問題ありません。

でも、
なぜ「dead」なんでしょう?

deadには色んな意味があって
「死んだような」とか
「まっずぐ」とか
「弾まない」とか・・・

しかし、
ウェイトトレーニングで
死にもの狂いで、反動を使わず、直線的に動かす種目は他にも多数あります。

なんかしっくりきません。

で、
詳しく調べました。

すると
deadliftってのは
「dead weight lift」のことと判りました。

では、
Dead Weightって何じゃい?

さらに調べたところ、
「限界重量」
ってことと判明。
要はdeadlineのdeadと似たような意味。

つまり、
デッドリフトってのは
限界重量を挙げる運動ってことです。

なるほど、納得( ̄ω ̄)

ちなみに、
デッドリフトの
世界記録
455 kg
だそうな・・・

ワタシャ、
その半分チョイのレベル・・・( ̄皿 ̄;)
posted by ゴンちゃん at 20:21| Comment(0) | 筋トレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

指立て伏せ

Les Mills Japanツアーが終わって
しばし脱力感が漂ったため
ボディコンバットは久々。

しかも、
土曜日にボディコンバット受ける(受けれる)こと自体が稀。
そんななか、
ツアーでお会い出来なかった方ともお会いでき、嬉しさ倍増。


ボディコンバットのレッスン。

BC14-1 Wild Boys
2回ジャンプ横移動。
ツアーでやって欲しかったなぁ〜

BC14-2 Smooth Criminal
ツアーと同じ曲。
が、
このイントラさんのキューの方が
張り、キレ、覇気があって断然good
「あっぷ、あっぷ、あ〜っぷ」
で運動負荷もup。
ただ、
エルボーとフック間違えてた・・・まあ気にしない。

BC22-3 Injected With A Poison
沈み込みツイスト。
ちょっと懐かしい。

BC22-4 Holding Out For a Hero
この曲のキメ、
どのイントラさんがやっても「???」冴えない。

BC28-5 Hymn
無意味なサークル。
でも、
普段、ほとんどBC45分クラスしか受けてない私にとっては、ちょっと懐かしかった。

BC31-6 U + Ur Hand
ナイスなリカバリー。

BC17-7 Armada
曲前の説明で
キメのコリオを思い出すのにイントラさんが、しばしフリーズ。
つうことは
スリーアクションある
「BC15-7 Shake」か「BC17-7 Armada」
飛べないムエタイのShakeは
このイントラさんなら絶対選択しないだろうから、
「エルボー、ガード、ニー」のアルマーダかな?

予想的中。

6億円ヽ(゚д゚ )クレ

BC23-3 Field Of Dreams
「えなじー」
前半一発目。
まわりがやってない・・・ハズイ
後半二発目。
やってくれてスッキリ。

曲間のオプションで
アタックの動きを皆でするもんだから
私も頑張ってやってみた・・・ハズイ

BC22-9 Let's Get It Started
指立て伏せにエライ興味をもっていた某若者。
せっかくの機会なので、
煽ってみた( ̄皿 ̄)

モノホンの指立て伏せ
ってのは



こうするんじゃい( ̄皿 ̄)


・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・



yubit.jpg
posted by ゴンちゃん at 01:35| Comment(7) | ボディコンバット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

Les Mills Japanツアー

今日、
Les Mills Japanツアー2007<九州・城南>の
ボディコンバットに参加した。

人の感じ方、捉え方はそれぞれだろうが、

私の正直な感想は、



「役不足」



ちなみにこの言葉を調べると、

<正しい意味>
与えられたポストや仕事が、その人の能力・力量に対して軽すぎること。
つまり、その人の能力の高さを意図します。

<よくある誤用>
荷が重い。力不足。
つまり正しい意味の真逆


NHKの調査では
「役不足」の意味について正解は30%、残りの70%は誤った解釈だったそうな・・・

(・。・)



さて、
ツアーの場合、
ステージで指揮をとる方を「パフォーマー」と呼びます。

ついでに辞書引いてみた。

「パフォーマー」
<意味>
パフォーマンスをする人


・・・

・・・

・・・


「オノレは何をぬかしたいんじゃ」(-゛-メ)


上の窓に張り付いていた某方、
何故か自分と違う名前が書かれた品をたくさんお持ちの某方らから怒りの声が聞こえてきそうなので
このへんでやめます( ̄皿 ̄;)

まあ、
来年あたり
鬼教官がステージに上がってくれると嬉しいんだけど。



今日やった曲

BC25-1 Angels/Dancing Up A Storm
BC14-2 Smooth Criminal
BC16-3 Addicted To Love

 やっとイベントっぽい曲登場
BC13-5 Funky Town
 ん?リカバリーみたい。。。
BC12-4 There You'll Be
 定番だけど、今日一番楽しかった。
BC12-7 Long Train Running
 曲が始まった途端、
 真中後方より視線がチクチク。
 でも、「あれ」はあの場じゃ無理( ̄皿 ̄)
BC29-7 The Trooper
 さ、ムエタイのウォームアップ完了。
 と思いきや
 ムエタイしゅ〜うりょぉぉ〜〜ー。
BC28-8 Heartbeatz
 う〜ん
BC25-8 Crescendos Of Ecstasy
 好きな曲ではあるけど・・・
 普段でも出来そうな・・・
BC26-9 Pump It
BC29-10 Broken feat

ブロークン・・・

...

ブロークン・・・


スタッフの皆様、おつかれさまでした。
参加者の皆様、ありがとうございました。m(_ _ )m
posted by ゴンちゃん at 00:34| Comment(8) | ボディコンバット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

リニューアル

昨日、いつものように
鬼教官のもとへボディコンバットを受けに行ってきたが、

おどろいた(゚o゚*)


パンチのフォームが凄くきれいになってる。

体幹がブレてないし、パンチの軌道が安定して、ヒットポイントが1点に集中してる。
肩の入れ方もスムーズで、もらうと効きそうなパンチ。
アッパーの腰の入れ方も具合よく、手打ちにならず、顎も上がらない。

先日、友人からメールいただいて、
鬼教官がトレーナー試験に合格したのは知ってたけど、
(↑訂正:正しくはトレーナー研修の受講資格を取得)
新たな面を見た感じ。

レッスン後、
あまりに気になったので、
鬼教官本人に聞いたら、
「研修に行って、T村さん、S戸さんから指導(ダメ出し)をいっぱい頂いた」らしい。

でも、
短期間で、こうも変わるん??

結構、クセがついてしまうと抜くのが大変だと思うんだけど。

私とか、
蹴りに関しては(特に廻し蹴り)
フルコンやってた時にそれなりの賞賛をもらってたので、
妙な自信もってるけど、
(もちろんボディコンバットと格闘技は別物という前提のもと)
パンチに関しては、
自分でも課題点が多いのはわかる。
フルコン時代に
ヘッドギアをつけての顔面パンチ有りルールよりも、
素手でボディを打ちまくる極真ルールを練習に多用してたし、
ズシッと重めのサンドバックが好きだったので
どうしてもインパクト時に手首を固めてしまったり、
ガードが下がったりしてしまう。

一旦、こびりついたクセってのは、指導・指摘を受けてもなかなか改善しない。

その点、
鬼教官はスポンジのように吸収して、修正がかかってる。

いままで、
鬼教官のボディコンバットは
どちらかというと、
お笑い、盛り上がりを楽しみにしてたけど、
これからは
フォームを見るのもちょっと楽しみになってきた(^^
posted by ゴンちゃん at 10:59| Comment(6) | ボディコンバット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。