2008年02月05日

まるで映画

最近、ボディコンバットでも声出ししないのに、
昨日のNFLスーパーボウル(アメフト)は、
夜中2時すぎに思わず絶叫してしまった。

シーズン・ポストシーズンを全勝し、スーパーボウルで文字どおり完全制覇を目指すペイトリオッツに対するは、
いまいち成績が振るわず、プレーオフで何とか勝ってスーパーボウルへ進出したジャイアンツ。

チームの要となるQBもペイトリオッツはクールかつイケ面で成績も抜群の名QBに対し、ジャイアンツのQBは田舎くささが滲み出るイーライ・マニング。
このイーライ・マニング
お父さんも元NFL選手で、お兄さんもNFLのQBをつとめる名門一家。
しかもお兄さんは去年、スーパーボールを制覇しMVPを獲得している。
と、
ここまで書けばさぞ大物そうだが、、
実はこの弟くん。
何とも頼りなさげなツラで、体の線もかなり細い。
投げるボールも豪腕とは程遠いヒョロヒョロ。
常に優秀な兄と比較され、入団からずっと苦難の道のり。
土壇場で力を発揮できず、
地元ファン、メディアからも「できそこないの弟」扱いされてきた。

スーパーボールの関心は
勝ち負けよりも
もっぱらペイトリオッツの全勝優勝。

それでもジャイアンツは
スーパーボールでペイトリオッツになんとか善戦。

しかし、
残り時間わずかでペイトリオッツに逆転タッチダウンを奪われ、
4点差となり万事休す。

熱狂的ジャイアンツファンも息消沈。


が、

…が、


・・・が、


この出来そこないと屈辱的扱いを受けてきた
ぼさぁ〜とした顔立ち&ヒョロヒョロ青年QBが


残り1分で


ありえんスーパープレイ

あんなんみたら
そりゃ俺でも吠えるわ。( ̄〇 ̄))

まるで映画のような結末。

ちなみにBSで再放送すると思いますが、
英語がわかんなくても臨場感あふれる副音声をお勧めします。
posted by ゴンちゃん at 18:17| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごかったですね。
興奮しました。
QBサックから抜け出し、やけくそ気味のパスを鯖折り状態でとったレシーバーには鳥肌が立ちました。
ジャイアンツ押せ押せムードのバックでながれていたレッスンで聞き慣れた曲。
ノリノリでした。
久しぶりに興奮した“スーパーボール”でした。
Posted by taimainokoutarou at 2008年02月05日 20:43
taimainokoutarouさん
はじめまして。ここのプログコメントは承認制なんで表示までタイムラグがあってスイマセン(^^;)
気兼ねなくコメントくださって結構ですよ。
にしても、
マニング弟くんは鳥肌ものでしたね。ワタシ、それほどNFLに詳しい方じゃないんですが、今まで陽の目を見なかった彼が、モンタナ級のドライブを超土壇場でしかも全勝のペイトリオッツ相手にしたのには度肝を抜かされました。
正直なとこ、お願いだからワンサイドゲームにならない程度にマニング弟くんガンバレ、と観てたんだけど、勝っちゃうとは。しかも、あんなスゴ技で。昨日は興奮さめやらず、眠れませんでした(;^_^)
Posted by ごん at 2008年02月06日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。