2007年12月26日

初BC34

いまさら感はありますが、
ボディコンバットの新曲BC34を初めて受けました。

肩の治療中につき
ホントは運動・トレーニングを止められているんだけど、
まあ、腱板を伸ばしたり、スピード上げたり、捻り込まず、
ゆ〜るいパンチならよかろうと、
か〜るい気持ちで受けました。

で、
BC34の感想は

「蹴りまくり」

4曲目、6曲目と

何発蹴るんかいな( ̄皿 ̄;)

6曲目
ワタクシ、「のへぇ〜」としてたら
サイドキック、ニー、バックキックが混同しました。


それはともかく、
今回のBC34でワタシが一番惹きつけられたのは
6曲目のキメ

『左後ろ廻し蹴り』

かつて
BC25-6 Sweet Child Of Mine 半回転からのバックキック
BC26-2  Guitar Damage フックキック
でモドキはありましたが、

ボディコンバットで後ろ廻し蹴りが出たのは初ではないでしょうか。

キレよくバシッと決めるには
股関節の柔軟性とタイミング、
「運動軸の安定性」が重要かと思います。
↑動きの中での軸の安定性のことで、止まったままとかゆっくりした挙動時の安定性とは別物。
簡単にいえば
コマは動いてると安定してるけど、止まると転げるっちゅうこと。

ただ、
ワタシ自身も後ろ廻し蹴りは久々なので、
要修行( ̄皿 ̄)
posted by ゴンちゃん at 09:36| Comment(0) | ボディコンバット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。