2007年07月16日

Evasive sidekick

今回のボディコンバットBC32で
私が最も集中している動きは
Evasive sidekickです。

慣れてくるにしたがって、
だんだんと奥の深さにハマってきました(^^
(ただ悲しいことに最近、ジムに通えず
まだ片手で数えれる程しかしてません)

この動き、
格闘技の側面で考えると、まずあり得んわけですが

進行方向と逆に蹴ったとこで威力は相殺され、相手に与えるダメージは皆無です。
また、空中に浮いている状態というのは非常に防御が薄いわけで、そこから足を出すなど自滅行為といえます。
ですから、
これを格闘技側面でこじつけるのは無理
どれくらい無理があるかというと、
ガチ勝負でリキ・ラリアットをブチかますぐらい無理!
(かつて、それをモロくらった懐かしの200%男もいましたが)
ちなみに
あの後のコメントが有名な「キレてないっすよ」

あ、
話がかなりマニアックな方に脱線しました。

とにかく、
イベーシブサイドキックの格闘技の側面は抜きにして
エクササイズとしては、とても楽しい動きです。


最近、
私が意識しているポイントは2点あります。

それは、
* 蹴り足を振り子式(すくい上げるように)引き付ける
* インパクト時に手を逆方向にクイッと入れる

ことです。

サイドキックで蹴る前に足を充分引き付けるのは
周知のとおりですが、
イベーシブでこの引き付けが甘いと動きがぎこちなくなりますし、この引き付ける反動を利用することで、より高く飛べ(大きく動け)ます。

また、
蹴りを放つインパクト時に
上体にやや捻りを加えて(あくまでややで、基本姿勢は正面)
添え手(蹴り側の手)をグッと逆側の腰位置に引くと
キレのあるイベーシブサイドキックになるかと思います。
posted by ゴンちゃん at 00:46| Comment(0) | ボディコンバット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。