2007年05月23日

トレーニング名の疑問

私はボディコンバットだけでなく、
筋トレも好んでやってます。

ただ、
トレーニングの名前で
なんでこんな言葉を使うんだろう?

疑問に思うものがいくつかあります。

そこで
今回はそれらについて調べてみました。

まず、
私が一番わかんなかった言葉。

「ラットプルダウン」


私は学生の時から
研究でRat(ラット:ネズミ)をよく使います。

だから
この言葉は
ネズミが鉄棒にぶら下がって懸垂するイメージ
をずっともってました。

が、

ラットプルダウン
って
「Lat Pull-down」

RでなくてLなんですね。

で、
Latってどういう意味か調べたところ、

latissimus dorsi(広背筋)の略語。


なるほど、納得( ̄ω ̄)


それから
「デッドリフト」


ちなみに、
このトレーニングは
筋トレの中でも最も重い負荷が可能で、
フォームは見た目以上に難しく、
下手をすると腰を痛めますので、
メジャーな筋トレ種目ながら、
一般のフィットネスジムでは
それほどポピュラーではありません。

デッドリフト
英語になおすと
deadlift

まあ、
ここまでは問題ありません。

でも、
なぜ「dead」なんでしょう?

deadには色んな意味があって
「死んだような」とか
「まっずぐ」とか
「弾まない」とか・・・

しかし、
ウェイトトレーニングで
死にもの狂いで、反動を使わず、直線的に動かす種目は他にも多数あります。

なんかしっくりきません。

で、
詳しく調べました。

すると
deadliftってのは
「dead weight lift」のことと判りました。

では、
Dead Weightって何じゃい?

さらに調べたところ、
「限界重量」
ってことと判明。
要はdeadlineのdeadと似たような意味。

つまり、
デッドリフトってのは
限界重量を挙げる運動ってことです。

なるほど、納得( ̄ω ̄)

ちなみに、
デッドリフトの
世界記録
455 kg
だそうな・・・

ワタシャ、
その半分チョイのレベル・・・( ̄皿 ̄;)
posted by ゴンちゃん at 20:21| Comment(0) | 筋トレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。