2007年12月26日

初BC34

いまさら感はありますが、
ボディコンバットの新曲BC34を初めて受けました。

肩の治療中につき
ホントは運動・トレーニングを止められているんだけど、
まあ、腱板を伸ばしたり、スピード上げたり、捻り込まず、
ゆ〜るいパンチならよかろうと、
か〜るい気持ちで受けました。

で、
BC34の感想は

「蹴りまくり」

4曲目、6曲目と

何発蹴るんかいな( ̄皿 ̄;)

6曲目
ワタクシ、「のへぇ〜」としてたら
サイドキック、ニー、バックキックが混同しました。


それはともかく、
今回のBC34でワタシが一番惹きつけられたのは
6曲目のキメ

『左後ろ廻し蹴り』

かつて
BC25-6 Sweet Child Of Mine 半回転からのバックキック
BC26-2  Guitar Damage フックキック
でモドキはありましたが、

ボディコンバットで後ろ廻し蹴りが出たのは初ではないでしょうか。

キレよくバシッと決めるには
股関節の柔軟性とタイミング、
「運動軸の安定性」が重要かと思います。
↑動きの中での軸の安定性のことで、止まったままとかゆっくりした挙動時の安定性とは別物。
簡単にいえば
コマは動いてると安定してるけど、止まると転げるっちゅうこと。

ただ、
ワタシ自身も後ろ廻し蹴りは久々なので、
要修行( ̄皿 ̄)
posted by ゴンちゃん at 09:36| Comment(0) | ボディコンバット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

肩負傷

ながらくブログを更新していませんでしたが、
というのも、

1ヶ月半くらい前、
サイドレイズを片手ダンベル18kgでやってたら、
右肩がピキピキピキッ。

とりあえず、
トレーニング自体を控えて(怠けて)ました。

ただ、2週間安静にしてても、ちっとも良くならなかったので、
動いて血行を良くした方がいいかな?と考え、
ボディコンバットを再開。

さらに、
筋トレでは、落ちた筋力回復のために
うがぁぁぁ・・・・( ̄皿 ̄)

・・・

・・・

ってやったら、



ますます悪化。( ̄Д ̄;)


じっとしてても痛くなってきた。


で、
とうとう昨日
スポーツ外傷・肩関節の専門医のいる病院に行きました。

主治医が言うには
「骨には問題ないけど、あなたは可動域が広すぎる。筋力は充分なんだけど、アウターが強すぎてインナーがついていけていない。ダイナミックなトレや、重い負荷でのレジスタンストレーニングは控えて、アイソメトリックとインナーの強化をしてください。」

アイソメトリックって・・・ワタシが学生の頃に聞いたフレーズでなんか懐かしいような・・・
股関節のインナー(腸腰筋)は結構自信あるんだけど、確かに肩のインナーはまともにトレしたこともないなぁ・・・

まあ、それはさておき、
しばらくボディコンバットは全開で出来んっちゅうことですな(悲)


診察後、
次はリハビリ室で理学療法士の方の指導を仰ぐことに。

チューブか超軽ダンベルでローテーターカフ(いわゆるインナーマッスル)のトレを中心に。
脚、腹、背中(自重中心)の筋トレは続行可と言われ、


「なるべく自宅でやってください。」

(・ω・)ナンデ?

「ジム行ったら、他の上半身やりたくなるでしょ」

( ̄皿 ̄;)スルドイ

要は
地味にコツコツ励まなイカンっちゅうことでした。

ただ、理学療法士さんの嬉しかった言葉
「スポーツジム以外で競技スポーツとかはされないんですか?

・・・もったいない (ボソッ) 」


\('∇'*)モウオッチャンデッセ
posted by ゴンちゃん at 03:57| Comment(4) | ボディコンバット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。